留学のカタチ

■ワーキングホリデー
ワーキングホリデー制度を利用することにより、語学の勉強をしたり、アルバイトをして滞在費を補いながら、1年間海外に滞在することがでます。
ワーキングホリデー制度を利用して渡航できるのは、ニュージーランド留学、オーストラリア留学、フランス留学、ドイツ留学、カナダ留学、韓国留学、イギリス留学の7ヵ国となっています。
18歳以上25歳以下(30歳以下までOKの国もあります)の日本人であればどなたでもビザの申請が可能となっています。語学の習得やアルバイトだけでなく、ボランティア活動、旅行、スポーツなど、様々な活動を通して、渡航した国で友だちができるのはもちろん、他国から来たワーキングホリデー・メーカーと友だちになれるチャンスがあります。ワーキングホリデーは若者だけの特権です。自由な1年間を自分でプランしてみてはいかがでしょうか。

■大学正規留学
最近では、海外の大学で専門的に勉強したいと考えている人、高校卒業後に海外の大学へ進学したいと考えている人も増えてきたようです。ほとんどの国が大学への留学生を受け入れていますが、その中でも比較的受け入れてもらいやすいのはアメリカです。
アメリカは日本と教育制度が似ていて、ESL(English as a Second Language)と呼ばれる、外国人留学生のための英語コースがある大学も多いのです。現在の英語力が低くても、入学できる2年制大学に入って一般教養課程を履修しながら英語力を身につけ、4年制大学の3年次に編入することもできます。また、途中で専攻を変更したり、2つの科目を専攻することも可能です。

■専門学校留学
ある程度の語学力があれば、日本より進んでいる分野を海外で専門的に勉強したいと考える人も多いでしょう。1週間からお稽古感覚で勉強できる学校もあれば、帰国後や海外での就職を考慮し、プロを目指して勉強するための学校もあります。まずは、どの国でどの分野を学べるのか情報収集から始めましょう。専門学校での課程を修了すれば、スペシャリストとしてのスキルを身につけた証に「ディプロマ」や「サティフィケート」と呼ばれる修了証を取得することができます。また、専門的な授業を受けるためには語学力は不可欠となります。語学力が不十分であると感じる場合は、事前に語学研修を受けておきましょう。

■おけいこ留学
語学にプラスして、スポーツやカルチャーなど趣味の分野を習うことができるのがおけいこ留学です。目的や留学期間に合わせて自由にプランをアレンジし留学することができます。最短だと1週間から参加できるコースもあったり、期間も様々で、社会人に特に人気があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*